特許法、大幅見直しへ

조회 수 990947 추천 수 0 2011.02.10 10:57:59

特許法、大幅見直しへ

*ソフトも保護対象
特許法、大幅見直しへ
特許法見直しの主な検討項目

▷保護の対象となる「発明」の定義の見直し
▷「差し止め請求権」の放棄など技術革新の促進に向けた制度づくり
▷「職務発明規定」の見直し
▷審査基準の法制化に向けた検討
▷迅速で効率的な紛争解決方法の検討
▷審査の迅速化と出願者のニーズへの対応

RYUKA 特許だより2月号
2009.2.10

List of Articles
번호 제목 글쓴이 날짜 조회 수
11 W杯マーケティングを狙った商標出願活発 관리자 2011-02-10 1575788
10 知的財産専門学位(MIP) 過程導入 관리자 2011-02-10 1225258
9 特許権紛争:裁判所処理に一本化 관리자 2011-02-10 880605
» 特許法、大幅見直しへ 관리자 2011-02-10 990947
7 特許審判院 審決取消率減少 관리자 2011-02-10 1079581
6 2008 SEOUL INTELLECTUAL PROPERTY INTERNATIONAL CONFERENCE 관리자 2011-02-10 948974
5 再審査請求及び審査官職権訂正制度と導入 관리자 2011-02-10 1069510
4 商標の返品取引行為は、商標使用に該当しない 관리자 2011-02-10 741295
3 今年上半期知識財産権出願及び登録件数前年と比べ減少 관리자 2011-02-10 1117844
2 中、今年上半期特許出願件数34万5千件 관리자 2011-02-10 1211830
1 韓、特許出願世界3位ー7万2709件出願 관리자 2011-02-10 1154969