特許審判院 審決取消率減少

조회 수 1070827 추천 수 0 2011.02.10 10:57:33

*特許審判院 審決取消率減少*

#口述審理拡大など審判業務の効率性高める

▷特許審判院の審決に対する特許裁判所が取消する割合が毎年減少していて、審判品質が向上していることが表れた。

▷特許庁によると、今まで推進してきた審判品質向上の努力の結果、過ぎ去った2006年審決取消率が略28%であったが、昨年には23%に減少しており、今年には22%に毎年減少している。

▷ 特許庁は、過ぎ去った2005年から請求人を対象として、口述審理と技術説明会を拡大してきて、2006年からは機会・電気・化学などの技術領域が重なっている複合技術の審判不良の増加によって専門担当の審判部を指定・運営してきた。

▷又、拒絶決定に対する不服審判を請求する場合。審査段階で提出していなかった新しい請求理由について審査官に意見を求める意見提出制度を拡大してきて、新規に任用される審判官たちの教育プログラムを常設化して審判の質を高めてきた。

▷特に、口述審理と技術説明会は審判業務の効率性を一層高めるいっぽう、審判官には事件の争点をより明確に把握できるので、迅速な、正確な判断をするのに大きく寄与している。

List of Articles
번호 제목 글쓴이 날짜 조회 수
11 W杯マーケティングを狙った商標出願活発 관리자 2011-02-10 1562712
10 知的財産専門学位(MIP) 過程導入 관리자 2011-02-10 1212018
9 特許権紛争:裁判所処理に一本化 관리자 2011-02-10 867424
8 特許法、大幅見直しへ 관리자 2011-02-10 977976
» 特許審判院 審決取消率減少 관리자 2011-02-10 1070827
6 2008 SEOUL INTELLECTUAL PROPERTY INTERNATIONAL CONFERENCE 관리자 2011-02-10 936442
5 再審査請求及び審査官職権訂正制度と導入 관리자 2011-02-10 1056947
4 商標の返品取引行為は、商標使用に該当しない 관리자 2011-02-10 728613
3 今年上半期知識財産権出願及び登録件数前年と比べ減少 관리자 2011-02-10 1105074
2 中、今年上半期特許出願件数34万5千件 관리자 2011-02-10 1195014
1 韓、特許出願世界3位ー7万2709件出願 관리자 2011-02-10 1137945